身近に潜む細菌

クラビットとは細菌による感染症に効果があるクスリと言われています。
クラミジアをはじめマイコプラズマやレジオネラにも有効とされています。
原因になっている細菌に作用することで殺菌し、痛みや炎症を抑える効果があります。
特にクラミジアの治療に使われる機会が多いクスリで、その理由は国内でもっとも多い性感染症となっているため使用の頻度は高くなっています。
トラコマティスという細菌が原因となっており、男性や女性の性器またはノドに住み着き、炎症を起こしたり、痛みや痒みを発現させます。
性器に場合、男性は尿道に違和感を感じたり、痒みや痛み、排尿時には膿のような白い分泌物が尿に混ざって排泄されます。
女性の場合には、性行為の際に痛みがでたり、おりものの増加、不正出血などが挙げられます。
女性の80パーセントが自覚症状がないと言われ、今挙げた症状は日常生活で体調不良や生理前にもなる症状なので気付かない原因になっています。
男性も半分近い人が気付かず症状を放置してしまっています。
放置してしまうと睾丸トラコマティスが移動し、無精子症などの男性不妊の原因になってしまいます。
女性は卵管炎になり、さらに悪化してしまうと激しい痛みを伴ったりします。
また不妊症や子宮外妊娠の原因にもなってしまいます。
ノドに感染した場合は高熱を伴う扁桃炎などになります。
他にも共通して他の性感染症に感染する確率が上がり、エイズの場合、3~5倍にもなると言われています。
自分の体に違和感を感じたりした場合には病院に診察に行くことをおすすめします。
またはいつ感染してもおかしくない病気なので定期的に性病の検査を行ったり、自宅でも検査キットを使って確認できるので利用してみてください。
感染を拡大させないためにもコンドームを付けてたりして、不用意に性行為をするのは避けるようにしてください。
感染してしまった場合には先ほど紹介したクラビットを服用してきちんと治療を行うようにしてください。