クラビットの効果とは

クラビットとはニューキノロン系の合成抗菌剤となります。
日本の第一三共株式会社が、製薬、販売しています。
細菌による、様々な感染症などの症状に処方されており、幅広くつかわれています。
その中でも、クラミジアなどの性感染症などにも使用されており、感染症にとってはなくてはならない存在です。
有効成分はレボフロキサシン水和物で細菌が増殖するために必要なたんぱく質などを阻害してくれることにより、原因の細菌を殺菌してくれる仕組みとなってます。
クラミジアの他にも淋病や、膀胱炎、咽頭炎、扁桃腺炎など様々な感染症に使用されています。
服用方法ですが、症状にもよりますが、100mgを一回、1日2回から3回服用します。
日本で一番多いとされている、性感染症ですがクラミジアとなります。
特に若い世代の感染が多く思春期以降の感染が目立ちます。
なぜここまで感染が広がったかと言いますと、症状を実感できないというのが一番の問題です。
女性の場合ほとんどの方がクラミジアにかかったことに気付かず、そのまま過ごしてしまっています。
放置してしまいますと、他のパートナーに感染させるだけでは無く、症状が重いものになり、最悪の場合重症化してしまいます。
そして、HIVなどの感染率がなんと通常の5倍となり、クラミジアだけでは済まなくなってしまいます。
男性は女性に比べて比較的症状はありますが、それでもやはり症状を実感しにくく、そのまま放置してしまうということが多くなってます。
そこでやはり早めの治療をお勧めします。
クラビットですが、ジェネリック医薬品も出てます。
ジェネリックですが有効成分は全く同じで、効能効果も全く同じです。
先発薬の特許の期限の切れたもの他の会社が同じ成分で製造したものとなります。
なので先発薬に対し後発薬と呼ばれます。最近では、病院や薬剤師によっては後発薬を進めてくることが多くなってます。
同じ有効成分なのに対し、値段が先発薬よりも安価に購入できることが後発薬の魅力となってます。
インターネットなどで海外から後発薬を個人で輸入などもできます。
ただし、副作用など気になる場合などは必ず、医師などの専門家に相談するようにしてください。
自己判断で多量に服用するなどは絶対しないで、用法容量は守りましょう。