クラビットで今後の予防

クラビットとは、ニューキノロン系の抗生物質で様々な感染症の治療に使用されています。
日本の第一三共株式会社より販売されており、有効成分はレボフロキサシン水和物です。
比較的副作用の少ない抗菌製剤ですので、幅広く使用されており、眼科などでは点眼薬としても使用されてます。
皮膚感染症、歯科感染症、耳鼻科や、眼科、内科など一度はこの治療薬を使用したことがある方は多いと思います。
特にクラミジアなどの性感染症にも効果的で、感染した際の最近のDNAの増殖を防いでくれ菌を殺してくれます。
性感染症の中でも日本で一番感染しているとされているのですが、自覚症状が出にくいことが感染を拡大させる原因とされています。
それと感染率が非常に高い事も原因です。
予防なしにセックスした場合、相手が感染者ですと約50%から80%の確率で感染するとされています。
2回同じ感染者とセックスすれば感染してしまう計算になります。
通常のセックスだけではなく、オーラルセックスでも感染してしまいますの予防するにもしようが無いと言ったのが現状です。
例えば、自分が感染している場合、パートナーも感染していると考えたほうがよいでしょう。
検査して感染していた場合、ですがクラビットを服用します。
服用方法は、1日500mg1錠服用して下さい。
1週間服用を続けましょう。
副作用が比較的少ないとされていますが、さらなる効果を求め決められた量以上に服用するのは危険です必ず決められた量だけ服用して下さい。
副作用としてあげられているのは、腹痛や、吐き気、下痢などが多くあります。
もし、心配な方は必ず病院などで相談してください。
クラビットですが日本では病院で処方してもらうことでしか購入できません。
クラミジアに感染し、どうしても病院へ行きたくないという方は、ジェネリック医薬品など、海外からインターネットで個人輸入ができます。
ジェネリック医薬品は同じ有効成分ですので全く同じ効果が期待できます。
しかも値段も先発薬より安く購入できますので、感染してしまったけど、どうしても病院へ行けないしお金もそんなにかけれないという方にはお勧めです。
ただ、先ほども記載しましたが、自分が感染してる場合はパートナーも感染してるかもしれない事を忘れないでください